那覇市って、どんなところ?


那覇市役所
(著作権者:Hykw-a4、ウィキペディア「那覇市」より)

こちらは沖縄県那覇市にある病院やクリニック、施設への転職を考えている看護師さんのためのページです。正看護師・准看護師免許をお持ちのナースの方が対象です。

 

沖縄県の県庁所在地でもある那覇市。
市の花はブーゲンビリアで、総人口は約32万人です。

 

近年では那覇新都心としての開発も進み、DFSギャラリア・沖縄やサンエー那覇メインプレイス、
天久りうぼう楽市といった商業施設も作られました。

 

那覇市は名実ともに沖縄県の経済の中心地であり、
国際空港でもある那覇空港などもあって、たいへん栄えた都市す。
2013年には中核市にも指定されています。

 

沖縄県の地方部での人口減少が深刻な問題になっているのに対し、
那覇市周辺には、より人口が集中しているそうです。
しかし那覇空港の制限表面により、市街地の多くでは高層ビルが建てられないため、
おもろまちなど、市の北部に超高層マンションが建ち始めています。

 

また、電車がないことで知られる沖縄県。
いまでも普通電車はないのですが、じつは2003年から、
通称「ゆいレール」と呼ばれる沖縄都市モノレール線が運行していています。

 

そんな那覇市には一般病院が17施設あり、
医院やクリニック等の一般診療所数は263施設あります。
(※2009年の総務省統計局の調査データより)

 

有名な病院をいくつか挙げますと、
古島にある那覇市立病院(病床数:470)が、地域の病院、
診療所などを後方支援する目的の地域医療支援病院に承認されています。

 

また、古波蔵にある沖縄赤十字病院(病床数:314)は、
産科と新生児科の両方が組み合わされた周産期母子医療センターとして機能しています。

 

ほかには、沖縄セントラル病院(病床数:137)、おもと会 大浜第一病院(病床数:214)、
祥杏会 おもろまちメディカルセンター(病床数:154)、葦の会 オリブ山病院(病床数:343)、
天仁会 天久台病院(病床数:333)、沖縄協同病院(病床数:280)などがあります。

 

特定機能病院の承認を受けていた琉球大学医学部附属病院は、
1980年代に西原町に移転することになりましたが、それでも那覇市には、
最先端の医療を行う規模の大きい病院が集中しています。

 

那覇市の病院に就職したい看護師の方、
また興味はあるけど現地に土地勘がないという方は、
ナースの転職サイトを利用すると便利ですよ。
( 参考 : 看護師の転職サイトで、那覇市の病院情報を集めよう!

那覇市で見つける看護師・准看護師の求人募集|ナース沖縄.com関連ページ

浦添市

このページの先頭へ戻る